2019/1/03

ハコスコストア色々

ハコスコというとダンボール製VRゴーグルの印象が強いのでスマホで利用するローエンドのサービスだと思われているかもしれませんが、VR配信プラットフォームであるハコスコストアはここ数年アップデートを繰り返して色々な機能が追加されています。それらの機能を簡単に紹介します。

 

 

1)マルチプラットフォームに対応しています。OculusGoも使えます。
Web再生用の独自プレイヤーを開発しました。これまでのスマホアプリとハコスコでの再生に加えて、Oculus Goのようなブラウザ再生が可能なヘッドセットにも対応しています。これにより同じコンテンツをより没入感高く再生出来るようになりました。

 

2)PINコードでアンロックした限定配信コンテンツがWebブラウザで再生出来るようになりました。
これまでは購入・アンロックしていた限定配信コンテンツはハコスコアプリでしか再生出来ませんでしたが、これをブラウザ再生できるようにしました。もちろんOculusGoなどのHMDでも再生出来ますし、PCでも気軽に再生可能です。

 

3)静止画、動画ともに8K3Dの高画質配信に対応しています。
有料サービスになりますが、アップロード時の動画ファイルをオリジナルのまま配信することが可能です。これにより8K3Dの配信も可能です。OculusGoなどの高機能ヘッドセットで見る8K3Dの高精細画像は、現実より綺麗かもしれません。

 

4)コンテンツの限定配信、クレジットカード販売が出来ます。
PINコードによる限定販売の他、コンテンツ単位、もしくは複数コンテンツをパッケージにしてクレジットカード販売することが可能です。要望によっては、月額課金の仕組みの利用も可能ですのでご相談ください。

 

5)限定配信のVRライブ配信プラットフォームとして利用可能です。
ハコスコストアは、VRライブ動画配信に対応しています。PINコードやQRコードとセットで販売することでライブ配信を限定配信することができます。webRTCを用いた低遅延配信も対応可能です。

 

6)新サービス「ハコスコナビ」でストアコンテンツを多人数に同時にプレゼンテーション出来ます。
ハコスコナビは、ストアにアップロードしたコンテンツをボスチャットを行いながら複数人に同時に配信・共有するためのサービスです。結婚式場や不動産の内覧や教育コンテンツ等の体験共有に適したサービスです。

 

ハコスコのVR配信サービスについてもっと知る

 

このように多様な配信サービスを整備して来ましたが、今後以下の機能追加を予定しています。

 

1)VRツアーをWeb対応します。
これまでハコスコアプリでしかお楽しみいただけなかったVRツアー機能をWeb上でも再生出来るようにします。

 

2)VRツアーに音声ガイド機能を追加します。
これまでのVRツアーはコンテンツ間を遷移するだけでしたが、コンテンツ内で音声ファイルを再生できるようにします。これにより、場面に適した音声案内を追加することが可能になり、コンテンツ内容に関してより深い理解を提供できるようになります。

 

(執筆:藤井直敬)

ハコスコのVR映像配信サービス
ハコスコのVR配信サービスについてもっと知る